阿闍梨餅はやっぱり出来立てが美味しい

あじゃりもち

 

京都のお土産でおなじみの阿闍梨餅。もっちりとした薄皮のなかに、甘さ控えめのあっさりとした餡がたっぷり。上品な味と手ごろな価格で、地元の人たちにも人気の和菓子である。

 

以前は全国的にはあまり知られていなかったが、最近ネットで広まったのか、全国的に人気となっているらしい。

 

阿闍梨餅は京都・百万遍の老舗「満月」が大正時代に考案した和菓子で、学生時代に大学の友人に教えてもらって以来、よく自分用に買って食べるようになった。帰省の際も、家族や親戚に買って帰ったところ大好評で、しばらく帰省みやげにも使わせていただいたことがある。もう20年近く前の話であるが…。

 

それ以来、私は時々、阿闍梨餅を思い出したかのように食べたくなるので、そんなときに備えて家のフリーザーに阿闍梨餅を冷凍保存している(笑)。冷凍の阿闍梨餅は自然解凍して食べる場合が多いが、オーブンで炙って食べても皮がパリッとして別の食感が楽しめておいしい

 

しかしできることなら、出来立てが一番おいしいので、本店でできたてを食べるのをおすすめします。

 

この前、出町柳に用事があり、久しぶりに本店でできたて食べることができたが、やっぱり出来立ては美味しい!です。学生時代に初めて食べた味と感動がよみがえってきます。

冷凍しても美味しいと思っていたが、やっぱり出来立てにはかなわないなぁ、と思った次第。