ラック式駐輪場の出し入れがめんどうなので「折りたたみ自転車」に買い替える

街ナカの移動用に折りたたみ自転車を購入した。

 

折り畳み自転車を選んだ理由は、単に普通の自転車よりコンパクトで軽く、扱いやすいから。
別に折り畳んで電車や車で運んだりしようとは思っていない(笑)

実は以前から普通の自転車は持っていたのだが、マンションの駐輪場スペースがラック式で狭く出し入れが面倒くさくてほとんど乗らなくなっていた

 

しかしできれば、天気の良い休日は自転車でお出かけしたい。

 

そこで思いついたのが、折り畳み自転車。長距離の移動にはあまり向かないが、街乗り用途と割り切れば、

・軽量・コンパクトなので駐輪場の出し入れが簡単
・いざというときには折り畳んで家の中に持って入っても良い。
・ベランダにも保管できる。

などなど、メリットがたくさん。

 

早速ネットで調べて、売れ筋の「WACHSEN Weiβ BA-101」にした。

WACHSENのWeiβ BA-101

アルミフレームで軽量(13kg)な点や、チェーンホイールがT52とこのクラスにしては大きめなのが好印象。

逆に心配な点は、レビューで言及されていた以下の2点
・ブレーキやギアの入り方が甘い(調整不十分?)
・座席のシートが固め

こればかりは届いてみないとわからないが、座席のシートは後で交換すればいいし、ブレーキやギアは、近所の自転車屋で点検整備をしてもらえばいいと思っていたたので、思い切ってネットで購入した。

 

いざ届いてみると、レビューで書かれていた通り、確かにギアとブレーキは調整が甘い(苦笑)。シートは長距離乗らないならこれで十分かな?という感じ。

すぐ近所の自転車屋で点検整備してもらったが、特に部品を交換することもなく15分くらいで完了。さすが専門の整備士さん!ブレーキの利きが良くなりギアの切り替えもスムーズで何も問題ない。整備費用は防犯登録費用込みで1500円だった。ネットで自転車を購入した方は近くの自転車店で一度点検・調整されることをおすすめします。

 

予想通り駐輪場の出し入れが簡単になり、自転車を使う頻度が増えた。

駐輪スペースが狭くて出し入れに困っている人は、コンパクトで軽量な自転車に変えてみてはどうでしょう。

最近は自転車で本屋に行き、その帰りに近くのカフェや公園に寄って読書をするのが、
休日のちょっとした愉しみになっている。