スマホのバッテリーの異常発熱、膨れに注意!

スマホバッテリーの膨れ

写真上:パンパンに膨れた電池
写真下:正常な状態

 

寒い日の朝、スマホを手に取るとすごく熱い・・・
まるでカイロみたい・・・

しかもスマホの動きがすこぶる遅い。熱暴走したのだろうか?

 

電源を切って、放置して冷えたことを確認してから蓋をあけたところ、

バッテリーがパンパンに膨れていました

すぐに気が付いて電源を落としましたが、
あのまま使い続けていたらどうなっていたか?と思うと、ゾッとします。

 

私のスマホはバッテリーが交換できるタイプでしたので、すぐ新品のバッテリーと交換しました。内臓バッテリータイプの場合はメーカーでの修理になるようです。

リチウムイオン電池には可燃性の電解液が多く使われており、異常を感じたときは直ちに使用を中止して、交換やメーカーに修理を依頼しましょう。

 

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)のサイトでは、リチウムイオンバッテリー搭載製品の事故についての注意喚起がなされています。

5年で2倍以上に!リチウムイオンバッテリー搭載製品の事故
~モバイルバッテリーは購入時にPSEマークを確認しましょう~
2019.1.24 独立行政法人製品評価技術基盤機構ウェブサイト

 

同サイトによると、2013年度から2017年度の5年間にNITEに届けられたリチウムイオンバッテリー搭載製品の事故582件のうち、製品の不具合が368件を占め、そのうち209件がリコール対象製品だったとのことです。

リチウムイオン電池利用製品のリコール情報
製品安全ガイド 経済産業省ウェブサイト

今回、わたしのスマホはリコールの対象ではありませんでしたが、万一自分の持っている製品がリコールの対象になってもメーカーからの連絡が届くよう、これを機会にユーザー登録をやっておこうと思った次第です。