万年筆を修理

万年筆が大好きで、これまでに、モンブランやナミキなど、国内外の色々な万年筆を集めてきた。

中でも一番気に入っているのが、パイロットのカスタム98という、オーソドックスでコンパクトな万年筆。学生時代に父親からもらった万年筆で、私が万年筆に興味を持ち始めた最初の1本。どんな高価な万年筆よりも、一番のお気に入りである。

パイロットカスタム98

そんな大事な万年筆、20年以上持ち歩いているのだが、私の不注意から落としてしまい、壊してしまった。お恥ずかしいことに、これで二回目で、猛省。馴染みの文具店からメーカーに送ってもらい、修理をすることになった。

壊れた箇所の修理はもちろんのこと、ピカピカに磨き上げられた状態で戻ってきた。いつもながらアフターサービスの良さは感動ものである。一生モノといわれる万年筆、一生と言わず子供の代まで受け継いでいけるよう、大切に使って行きたいと思った次第である。